人生は、出会った言葉の質と量で決まる!

朝読用おススメ本
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

 あなたのまわりにいる人たちを、よく観察してほしい。

 自分が将来こんな人になりたい、と思う人が幸福なことに近くにいたら、その人が発している言葉に注目してほしい。

 将来こんな人には絶対なりたくないな、と思っている人がどんな行動を発しているかに注目してほしい。

 気づいたかもしれない。


 そう、人間は、自分が発している言葉通りの人生を歩んでいるのだ。
 だから、あなたが今二〇代で、これから素晴らしい人生を歩んでいきたいと、心の底から思っているのならば、良い言葉との出逢いを増やしてほしいのだ。
 
 二〇代でやっておくべき、たった一つのことを挙げろと言われたら、私はこう言うだろう。

 「とにかく、たくさんの良い言葉のシャワーを浴びておくこと」だ。

 



 言葉のシャワーを浴びる方法は二つある。 
 
 一つは人と会うこと

 もう一つは読書だ

 しかし、人と会うといっても、相手の都合もあって、必ずしも希望通りあってもらえるとは限らない。
 場合によっては拒絶されることもある。
 ところが、書籍の場合はいつでもどこでも手軽に入手できる。




 どんなに過去の偉人であっても、どんな成功者であっても、手軽に書店やインターネットで取り寄せて読むことができる。
 しかも、何といっても書籍は安い。


 著者が命を削りながら歩んできた、人生のエッセンスを後悔してくれていることを考えれば、安すぎると言わざるを得ない。

 このわずかな金額で手に入る書籍は、毎年おびただしい数が世に出ている。

 これまでに刊行された途方もない数の書籍を紐解けば、あなたの悩みなど、過去に必ず誰かが経験しているはずだし、これからあなたの身にふりかかるだろう困難な壁の突破方法も、すでに語り尽くされているに違いない。



 私自身の話をすると、私は大学時代に四年間で一万冊の書籍を読んだ。
 しかし当時は、その一万冊の書籍に書いてあることは、所詮机上の空論だと割り切っていらつもりだった。
 だが、好奇心から自分の仕事を通して、本に書いてあったことを試したくなった。


 3300人のエグゼクティブと1万人のビジネスパーソンと対話して驚いた。


 ほとんどすべてにおいて、書籍に書いてあったことと同じことが、実社会で起きていたのだ。


 私自身の経験を振り返ってもまったく同じことがいえる。
 あらかじめ読書しておいたおかげで、どんな壁にぶち当たっても、すべてが“想定済み”のこととして、楽しみながら乗り越えることができたのだ。


 本書では二〇代のうちに、出会っておきたい言葉のシャワーを厳選した。
 今まで読んだすべての書籍と、今まで出逢ったすべての人たちから、私が教えられ気づかされたことばかりである。 


 この100の言葉で十分だと言うつもりは毛頭ない。
 この100の言葉をきっかけにして、より多くの言葉のシャワーに出逢って欲しい。

コメント