いい先生の見つけ方。見るべきポイント!~家庭教師編~

家庭教師
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

 学ぶ場所が決まったら、次は先生選びです!この記事を参考にいい先生を見つけてください。

スポンサーリンク

親御さんの先生チェックリスト

 親御さんも思うところはいろいろあるとは思うのですが、どんなに親御さん受けがよくても、子どもとの相性が良くなければ、勉強は捗りません。
 ですので、最低限のチェックだけで良いかと思います。

清潔感がある

  当たり前かと思われるかもしれませんが、世の中には清潔感という概念がない方もいらっしゃいますので、チェック項目に入れておきます。

遅刻や指導日の変更が少ない

 大学生の方が家庭教師のアルバイトをされるのが多いかなと思います。

 本当にまれにですが、指導時間に遅刻したり、指導日がコロコロ変更されたりということがあります。

 お子さんの勉強リズムを整えるためにも、指導時間はあまり変更しない方がいいと思いますので、もし、そのような先生でしたら、早めに交代の依頼をしましょう。

お子さんの性格に合わせて対応してくれる

 お子さんもいろいろな方がいらっしゃいます。

 自分からいろんなことをよく話してくれる子や、聞いたら答えてくれる子、なかなか反応が分かりにくい子、とっても恥ずかしがりやな子など、本当に様々です。


 なかなかスキルは必要ですが、そんないろんな子に対応できるように見極め、ペースを合わせることができる人だと1番良いですね!

「家庭教師会社の「無料体験の先生」は気をつけて!!! 営業担当と実際に教えてくれる先生とのギャップ。いい先生に出会えるまでチェンジしてもらうべき!!」
の記事もよろしければ見てみて下さい。

子どもにとって良い先生

分るまで教えてくれる

 家庭教師なんだから当たり前じゃないの?と、これまた思われるかもしれません。


 しかし、分からない子は、学校で先生に教えてもらったことが理解できないのです。
 もちろん、私たち家庭教師も学生の頃、先生に教えてもらったこと同じことです。

 ですので、私たちもその方法や説明の仕方しか知らないことも多いのです。

 同じ説明を何度したって、理解できないものはできないのです。 


 そうなると、生徒が理解できるような違う説明の方法を考えなくてはなりません。

 違う説明の方法を考えるのも、なかなか難しいですが、結局は生徒が理解できないと家庭教師をつける意味がありません。
 
 「分かるまで教えてくれる」とは簡単に言えますが、実際はいろんなことをひねり出さないといけないので、それぐらい真剣にお子さんの理解度を考えて教えてくれる先生がいいですね!

苦手な分野を楽しく一緒に勉強してくれる

 苦手な分野を自分から勉強する子は少ないのではないでしょうか。
 こういう時にこそ、家庭教師の先生を活かすのです!


 1人で勉強するより、誰かと勉強するほうが、苦手分野の勉強を始めるハードルも下がるものです。


 苦手分野は基礎ができていないからこそ、問題が解けずに苦手になっていくパターンが非常に多いです。


 基礎の勉強は、単語を覚えたり、公式を覚えたり、年号を覚えたり、周期表を覚えたりと、ほとんどが覚えることばかりです。


 覚えることに家庭教師の時間を使いたくない!そんなのもったいない!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、単に覚えるのではなく、覚えやす覚え方や、なぜこうなるのかも家庭教師の先生自身が学んできたことも教えてくれます。そういった知識も利用してもらいましょう。

慣れるまで繰り返し練習してくれる

 説明して、理解できたらはい終わり。


 …では、なかなか実践の問題ではすぐに役に立ちません。
 また、理解できたつもりになっていることも多々あります。


 塾が、このパターンです。説明して問題を解くの繰り返しです。
 塾が悪いわけでは決してありません。
 塾があっている人にはとても効率の良い学習場所なのです。


 しかし、塾が合わない生徒さんは、説明を受け、理解したつもりで数少ない問題を解きます。
 何問か間違えても塾ではその問題を補ったり強化してくれるような制度はありません。
 ですので、間違えた所は、「あー、間違った。」で終わってしまうのです。
 また、説明を聞いて分かったつもりでいたために、実際に問題を解きだすと全く分からなかったりするのです。


 この問題は単なる計算ミスなのか、それとも基本が分っていなかったのか、違う考えで解かないといけなかったのか、いつも同じミスをしているのかなど、なかなか自分自身では判断ができません。そんなことが出来れば、塾も家庭教師も必要なく、自分で勉強することで十分です!


 家庭教師は、その間違いがなぜ起きてしまったのか、横でずっと見てくれています。
 そして計算間違いであれば、どうすればそのミスを今後防ぐことができるのか、基本が分っていなければ、一緒に基本を覚えるまで、何度も繰り返し練習してくれます。


 公式も、覚えたての時に問題を解くスピードと、何十問も解いた後でもスピードは全く違います。
 何にしても慣れが必要なのです!!そのためには繰り返し練習することにつき合ってくれる人が必要なのです!

生徒の表情やしぐさを察知して臨機応変に対応してくれる

 正直、言葉で伝えてくれるのが、誤解がなくて1番有難いのですが、なかなかストレートに言ってくれる生徒さんはいません。


 ですので、集中力が切れてきたなぁ?とか、今説明したこと理解できたかなぁ?や、分からないから黙ってるのかなぁ?、それとも考えてるのかなぁ?など、生徒さんのしぐさや表情を読み取りながら、対応しなくてはなりません。


 しぐさや表情で100%読み取ることは不可能ですが、「今、考えてる?」や、「解くのにちょっと時間いりそう?」「ヒントはいる?」などの声掛けが出来れば、何かしら反応してくれるので、そんな風に臨機応変に対応してくれるような先生がいいかなと感じます。

まとめ

 見つけ方と言いましたが、まずはとにかく先生に出会うことから始めなければなりません。

 ネットでも、家庭教師会社でもどんなに素敵で魅力的なプロフィールが書かれていても、会った感じや、子どもとの相性は実際に指導が始まらないと分かりません。

 家庭教師会社では、無料体験授業を実施しているところが多いので、是非、納得いくまで、いろんな家庭教師会社の無料体験を受けてみた方がいいのではないかと思います。

【 👇東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城 にお住まいの方👇】
家庭教師のがんば、無料体験レッスンお申込はコチラ

【 👇東京・神奈川・千葉・埼玉・宮城・山形・福島にお住まいの方👇 】
やる気ない・勉強キライな子専用家庭教師/5大特典付き無料体験授業

【👇東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいの方👇】
無料体験授業好評受付中!

【上記以外のお住まいの方】
一括資料請求でピッタリの家庭教師が見つかる


うちの子は、塾より家庭教師かなと思ったら↓こちら!!
「家庭教師にすると決めたら最初にする事!子ども主体を忘れずに」

どこの家庭教師会社にすればいいのか迷ったら↓こちら
「家庭教師はどこに申し込む? チェックリトとおスススメ!」

コメント

  1. […] 「良い先生の見つけ方。見るべきポイント!~家庭教師編~」の記事もよろしければ参考にしてください。 […]