中身の良し悪しが判断できないからぼったくられる。株式投資と家庭教師教材の共通点3つ!!どれも一緒やと思っていませんか? 分からんからと言って、言われるがまま買っていませんか? 教材だって投資だよ?

ひとりごと
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

共通点① 目的が違うと選択も異なる

【株式投資】

株式投資をする目的は何なのか?
老後が心配だから投資を始めるのか?
余剰資金を投資したいのか?

【家庭教師会社の教材】

家庭教師もなぜ家庭教師にお願いするのか?
定期テストの点数を上げたいのか?
入試に向けて勉強を教えて欲しいのか?
難関校を受験するのか?
赤点を取らないように勉強するのか?


全て方法は異なります。

解決策1 目的は具体的かつ明確にしておく

どんな些細なことでもいいと思います。
家庭教師をつける目的をまず具体的・かつ明確にしておきましょう。

共通点② 良いか悪いかの判断が自分できない

【株式投資】

銀行の窓口の人にこれは本当におススメな投資商品です!
と言われるがままに買う。

投資商品の説明は簡単に受けたけど、正直中身はいまいち分ってないのよね。

【家庭教師会社の教材】

うちで扱っている教材はこちらなので、こちらを購入してください。
と営業の人に言われるがまま買う。

私も何十年も前に習った記憶はあるけれど、全然覚えてないし、今やったって解けないわ!!第一、私が教えられないから家庭教師を利用してるぐらいなのに。

解決策1 自分が1番知っているものを基準にまずは見てみる

 自分が当時1番得意だった教科、分野、問題だけでもかまいません。
 まず、どんな風に解説されており、どんな問題が出されているか、問題数や問題の解い方は適切か見てみましょう。
 その時に、これは適切かなと感じれば、他の教科も大丈夫な可能性が大きいです。
 しかし、え?問題これだけ?解説めっちゃ分かりにくい!!と少しでも感じたら、他の教科や単元も同じクオリティでしょう。
 基準を持つことはとても大事です!!

解決策2 良いか悪いか判断できないなら買わない

 家庭教師会社の契約は、基本的には教材費と指導料で契約します。
 家庭教師会社によって、教材を買わない場合は、管理料などで別途少し高い金額を提示されることもあります。
 管理料より、教材を買ってもらった方がお得ですよ!と言われ、少しでも安く抑えたくて皆さん教材を買われるのだと思います。


 正直、家庭教師をやっている私からしてみれば、学校でもらえるワークで十分です。
 むしろ、家庭教師会社の教材は学校のワークと同じことしか書いていません。
 まず第一にお子さんは学校のワークをまずきちんとできますか?
 学校のワークもできないのに、プラスαで家庭教師会社の教材をクリアにできますか?

 また、逆に学校の出版社によって書き方が異なるので、
 学校で習ったことと家庭教師会社の教材が言ってること違う!!とお子さんがパニックになりかねません。

  
 数社経験した私でも、ここの教材はめっちゃ使いにくいなと感じる教材は山ほどあります。

 家庭教師会社の教材が良いか悪いか判断できないのであれば、
 買わないことをお勧めいたします。

共通点③ ゴミ商品はいくら持っていてもゴミはゴミ

【株式投資】

実際に蓋をあけてみても、説明が複雑すぎて、全然論理的に書かれておらず何に投資されているのか分からないものが山ほどあったりします。
そんな不透明な商品はやましいことを隠しているだけです。
投資をしているといっても、ゴミにいくらお金をかけても、ゴミはゴミです。

【家庭教師会社の教材】

 100歩譲って、めちゃくちゃ素晴らしい教材だったとしても、
 お子さんが利用しなければ、本当に意味がありません。

 私もわざと使わないということはしませんが、
 やはり、定期テスト前になると、学校にワークを提出するからという理由や、
 テスト範囲がワークの中にあるので、そこから指導をした方が効率がいいということで、
 結局学校のワークのみでテストを乗り切ることが多くなります。

 そうなると、結局家庭教師会社の教材っていつ使う?って話ですよね。

コメント