勉強を強要させても誰も得しないって話。宿題を終わらせることが一番大事なの?第n次反抗期の家庭教師の思い…。

ひとりごと
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本人が嫌がってることを「しなきゃいけないから」「学校のルールだから」「先生に怒られたから」といって、させるべきじゃないと思う。

 教育方針がその時々によって変わるお母さま…💦

 
 「学校の宿題がたまっていて、それを隠してたんです。
 だから今日は、やっていないドリルの範囲と、間違い直しをお願いします!!」


 えっ?!と内心思いつつも、「しません!」なんて言えるわけもなく…w




 ドリルを見ると、かけ算の筆算、2桁×3桁や、3桁×3桁、
その他大きい数字のかけ算だったりしました。




 調子の良い時は、少しぐらい難しくても声掛けすると一緒に頑張ってくれるのですが、
ほとんどは「わから~ん😢」と言って、やりたくないという感じを全面的に出してきます。

 このお子さんに限らないと思いますが、
 苦手なことを大人が強制的にさせようとしても、
 子どもは思うようには行動してくれません。



 そして強要を続けると、
 ぐずり、それを見て親が怒る→ぐずりが大きくなる→結局できない。



 みたいな全てが悪循環になってしまうのです。




 この子にあった方法は、
 数問解いて、自分のしたい勉強をするというやり方がとてもあっていて、
 このときは、ドリルを4~5問解いた後は、タイピングの練習
 ということを繰り返していました。


 すると、さっきまでぐずっていたのが嘘のように、
 スラスラ機嫌よく問題を解いていました。



 この時に大事なのは、その子が好きな別の勉強するということです。
 タイピングは、パソコンを打つということはもちろんですが、ローマ字を覚える勉強にもなります。
 机の上にドリルやノート、教科書を広げて問題を解くだけが勉強じゃないのです。

 


 そして何よりも大事なのが、そんなに以前出た宿題が終わってないからと言って、今やるべきなのか?ということ。
 学校の先生は、立場上、「やらなくていいよ」なんて言えないので、「やらしてください」と言うでしょう。
 また、学力をきっちりつけるために「やった方がいい」に決まってます。


 

 ただ、全てにおいて100%きっちりやるとまではいかなくてもいいんじゃないかと思うんですよ。
 それこそ、個性っていうのがあるので、
 この子の性格や、勉強への姿勢、理解度などを総合して判断すると、
 平均、40%ぐらい頑張ることが出来て、なんか調子の良い時は95%ぐらい頑張れる。

 そんな感じでいいと思うんです。



 皆一緒に進めていくのが学校。
 その子に合わせて学習を進めていくのが家庭学習(+家庭教師)だと思うんですよね。
 
 

 例えば、学校の授業を完璧に理解していて、ついていけていれば、
 宿題をやらない、ためるなんて事はあんまりないと思うんですよ。

 どこか分からない所があるからやりたくない。
 問題が難しからやりたくない。
 きっと、そんな思いがあると思うんです。


 親はそんな子どもの状態に気づいていると思うけど、先生に言われてしまったから、
 子どもにさせないといけないと思ってしまう。

 

 まぁ、面と向かって先生に対して「やりません」と言って欲しいのではないのですが、
 それ、絶対必要?やらなきゃ進学できない?ぐらいのオーバーにとらえて、
 いや、やらんでも進級できるし、大丈夫大丈夫!!
 ぐらいの大きい心で成長を見守ってほしいなと思います。




 苦手を克服するより、もっとその子のできる事、得意な事を見つけて伸ばした方が、より楽しく勉強・活動ができると思います。
 親御さんも、イヤイヤさせられている子どもの勉強をみることはしんどいですよね。
 そんな勉強法では学力なんて上がりません。
 だから誰も得しないのです。



結論:苦手より好き・得意にもっと注目してみる!!!!!

コメント