補助枠、補助線を引いて慣れるまで繰り返す 2桁×2桁の掛け算が分からない理由は?

家庭学習の一案
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

補助枠・補助線の線を引くだけで以外とできちゃう!!2桁×2桁の掛け算!!

 おそらく、2桁×2桁でつまずくお子さんは、
 かけ算(九九)はちゃんとできていると思うんです。


 なので、かけ算自体が問題なのではなく、
 書く場所だけ!!


 それだけ、覚えることができたら、
 何も問題ありません!!
 

 書く位置を覚えるためにも、
 補助枠や、補助線を書いてあげ、
 まずは、一緒にここに書くということを示してあげましょう。




2桁×2桁でつまづいてしまう理由は…?

1桁×2桁はなんとかできるお子さんでも、

2桁×2桁になると、とても難しく感じてしまうお子さんがとても多くいます。





何が難しいかって、
1つめは書く場所が分からない。
2つめは計算が複雑になってしまう。




 私も、もっと簡単な方法はないか、いろいろ調べてみて、
 「インド式」とか「さかなの式」とか試してみたんですが、
 2桁×2桁はできても、それ以外の桁数を行う時は、
 結局は同じ方法ではできなくて、複雑になってしまうんですよね。


 同じ法則に従わないと、
 結局教える方も教えにくいし、
 教えられる方も、覚えることがたくさんで、滅入ってしまいます。


 やはり、1番簡単なのは、回りまわって、学校で習う方法なのかなと。
 



 そもそも、海外では、そんな複雑な計算は、計算機でやるみたいです。

 言われてみれば、当たり前かと思いますが、
 大人になると、九九以外の計算って計算機でやりませんか?
 やっぱり、間違えると大変なことになることも多いですし…w


 何度か補助枠や補助線で復習を重ね、それでできれば万々歳!!

 もし、それでも理解ができなければ、
 計算機の使い方を一緒に教えてあげるのもいいかなと思います。

コメント