Web授業に切り替えて分った!オンライン家庭教師選びで譲れない3点!!

オンライン
Processed with MOLDIV
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Web授業に切り替えて分った事!!

コロナの影響で3月末からweb授業に切り替えて分った事

3月末からコロナの影響で今受け持っている生徒さんの授業をweb授業に切り替えました。
学校が休校になり、いろんな企業が無料で映像授業を出したり、もちろん何年も前からyoutubeなどではとてもクオリティの高い授業が挙がっていたりもしました。
現時点で休校が5月6日まで延長され、学習の遅れを気にされる保護者の方や生徒さんがたくさんいらっしゃいます。


しかし、web授業にして分ったことがあります。
それは、YouTubeのような映像授業だけで授業内容が理解できる層と、
映像授業だけでは授業内容が理解できない層ははっきり分かれるという事。


映像授業だけで問題ない層は、学校の授業を聞いていれば大体目安としては平均点以上取れるお子さんです。
平均点を下回る点数のお子さんは、映像授業だけではなかなか難しいなと感じました。

また、これは完全に私の今までの経験からだけなのですが、勉強はやる気があるけれどなかなか平均点に行かない子の多くは、授業で説明された事を難しく物事を考えすぎる傾向があったり、頭の中で過去の何かと結び付けて違った理解をしている傾向があるなと感じています。
なので、一方通行な映像授業だけでは理解ができなかったりするのです。


映像だけでは説明・理解不足になることが判明!!!!

映像授業はあらかじめ撮影されているので、生徒の質問にその場ですぐに答えることが出来ません。
これは学校の授業と全く一緒で、その場で質問できなければ分からないままです
すると、どこで分からなくなったのか、どこでつまずいてしまったのかが分からなくなります。

映像授業は巻き戻したりすることも可能ですが、忍耐強くどこが分からないのだろうと、何度も繰り返し見たり、巻き戻したりする事はあまり考えられません。(もちろん出来る子は素晴らしいですが…)
また、どこが分からないか分からないから、同じ説明を聞いても解決しないという事もあります。
そうなると、いくら映像授業が普及したって授業の内容は理解できないし、学校が始まってもおいていかれてしまいます。


映像授業だけでは分からい子はskype+ホワイトボードで解決!!

まず、顔が見えること。
『分からない』という事を言葉で発することを苦手とするお子さんはたくさんいます。

しかし、接しているとその子の『分からない』サインが見えてきます。

ある子は、首を大きく傾げる姿が『分からない』のサインだったり、
分かる時はすぐに答えるけれど『・・・』が長く続いたり、
人によって様々です。
そんな様子をカメラ越しに見るのです。
カメラ機能大事!!


そして、同じくらい重要なのは、ホワイトボード機能(お互いに書き込めるやつ)です!!
これは、細かい説明をする時や、図を使って説明したりする時に使います。

ちょっと線を追加するだけで分ってくれたり、説明するときに線が一緒に動くだけで、理解力が爆上がりします。
それらを口だけで説明するのはなかなか難しいものです。


タブレットやPCがない子はスマホでも可能だった!

私が今受け持っている生徒さんは、タブレットかPCのどちらかを持っているご家庭でした。
しかしとある家庭では、PCはあるけどマイク機能を使う時に通話できるヘッドホン的なものが無かったのです。
iPhoneのイヤホンマイクでも可能なのですが、ジャックがPCと違うためPCでの通話はできないという結果になりました。
なので、スマホで対応してくれました。

スマホだと、カメラもついてるし、イヤホンマイクもあって通話も可能だし、タッチで文字や数字をかけるので、全然問題なく実施できました。
スマホなら、家庭に1台はあるんじゃないでしょうか?


私の実際の経験を踏まえてオンライン家庭教師選びで譲れない3点!!

譲れない点①タブレット等それに準ずるものを貸し出してくれる

タブレットやパソコンがご家庭にない方にも対応してもらえるように、貸出または販売は必須です。
また、通話のやりとりにマイク、同時書き込みするための専用ペンがあれば文句なしです!!


譲れない点②画面共有機能がある

こちらが見て欲しい画面を共有できる機能があることも非常に大事です。
私は教師側としての意見ですが、
この問題やってみて~と言って、
解けたら次はこの問題をしてもらおうとか、解けなかったらつまずいていそうな所を再度説明してから、類似問題を提示して解いてもらう方法をしていますが、
画面が共有できるとめちゃくちゃ便利です。

他の利点としてテキストも買わなくていいし、先生がいい問題を探して出してくれるので、自分にぴったりの問題を解くことができます。


譲れない点③お互いに書き込める機能がある

実はこれが1番重要です!!!!
1人で勉強できる子は、映像授業だけでも特に問題はありません。

しかし、学校の先生が行っている内容をあまり理解しきれていない子等は映像授業だけでは学校の授業と一緒で、理解しきれない部分が多くあります。
そして、画面が共有できたとしても、ここがこうなるんだよーとか、ここが間違ってるとか、この部分は気をつけてねとか、細かい説明が必要なんです。

そういう時に、お互いに書き込める機能はめっちゃ役に立ちます。
例えば、こちらで式を書いて、じゃあ、これ解いてみて?って言った時、相手がどうやって解いているかがリアルタイムで画面上に映し出されるんです。
それを見て、この子は、ここで躓いているな、分かっていなさそうだなとか確認できれば、同じ画面でここはこうだよ~って説明できるんです。
これは、映像授業だけではできない!!
本当に普通に家に来てくれる家庭教師となんら変わりないな!!と思います。


この3点を満たしているオンライン家庭教師が「家庭ネット」 !!


私は、web授業になる前も何度か遠隔で授業を行っていたりもしましたが、
やはり、数をこなすと現実と実態がよく見えてきます。

オンライン家庭講師「家庭ネット」 は、痒い所に手が届くような、本当にそんな存在です。

本当に実際に家に来てくれる家庭教師と全く変わりないだろうと思います。

以前も記事にしましたが、実はオンライン家庭教師のメリットって、
先生を家に呼ばなくてもいいとか(掃除しなくてもいい)
お茶やお菓子を出さなくてもいいとか
気を遣わなくていいとか
全国・全世界から先生を選べるとかそんなメリットしかないと思っていました。
もちろん、十分すぎるメリットですが!!
しかし、自分が実際にweb授業をやってみて、オンライン家庭教師の素晴らしさにとても気づかされました。

また、家庭教師も、オンライン家庭教師も、平均点を取ることがや、テストの点を上げる事が重要なんじゃなくて自分はどういう風に教えて貰えたら分かりやすいかという事を感じて欲しいと思います。

『どういう風に教えて貰えれば、自分は理解できるのか』ということが分れば、単なる勉強への苦手意識も薄れていき、自分ってもしかして出来る子じゃない?と自己肯定感も高くなります。

学校のようなただの受け身の授業より、1対1で先生がより親身になってその子の苦手やつまずきを把握して授業を進めてくれたら、理解もでき、問題も面白いぐらいに解けてくるので、勉強ってつまんないなぁ、苦手だなぁと思うことが絶対に少なくなります。

学校が休校になった今だからこそチャンスだと思います。



本当に教え方1つで劇的に変わります




やる気はあるけどなかなか勉強できない、分からない、自分じゃ勧められないというお子さんにこそ、1度試してもらいたいと思います!!

体験はもちろん無料ですので1度でもいいです!!
無料で始める家庭教師「家庭ネット」 を是非試してもらいたいなと思います。!!

コメント