【勉強習慣】子ども自身に決めさせる。意外とちゃんと考えてるよ!!親は見守って!!勉強習慣をつけるための大事な事3つ!!

家庭学習
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お母様からの勉強習慣についての相談

 現在 中2の発達障害のH君。
 小学生の時は、毎日30分ぐらい勉強していたよう。

 中学生になり、お母さまが「中学生になったんだから小学生の時と同じ時間じゃなくて、増やそう!」と提案され、家での勉強が1時間に。

 すると、勉強をあまりしなくなってしまったと。

 前回のテスト前日も、勉強せず遊んでいたから、
 先生の方から毎日勉強するように言ってほしいとの相談をいただきました。


H君がなぜ勉強しなくなってしまったのか…考察

いろんな理由があると思います。
小学生の頃より、勉強が難しくて勉強する気が起きない。
楽しい事が増えてしまった。
等々…。

しかし、この話の中だけで言えることは、
”中学生になったからという理由で勉強時間が伸びた事に本人が納得していなかったから。”

かなと考えます。

世間的な常識?で言えば、
確かに中学生の方が勉強内容が難しくなるので、
勉強する時間もおのずと長くなるはずだというのが、
親側の意見で、当たり前だ!と言われればそうかもしれませんが、

人にはそれぞれ自分のペースというものがあります。
また、自分で判断したいという欲求もあります。

子どもはいつまでも親の言う事を「うん、分かった」と聞いているのも逆に心配になりますが、
小学生だって、中学生だって、
言わないかもしれないけれど、言葉にしていないかもしれないけれど、
自分の基準というのを持っています。

いくら親だからといって、
別の人間です。
自分と同じ考えだろうという思い込みを一旦捨てて、
お子さん自身の考えを一度聞いてみてあげてください。

習慣化させるために大事なこと3つ!!!

勉強を習慣化するために大事なことその1 全て自分で決める

全て自分で決めさせます。
自分が出来ると思う範囲で決めてみて?と言ってみましょう。

期間としては様子を見るために1週間ぐらいが良いでしょう。
今週、自分でどうやって勉強していくか考えてもらいます。

親は、「それは難しいんじゃない?」とか
「もっとできるやろ?」
とか、何かと口を出すのはNGです。
その辺の言葉は心の中で呟いていてください。

勉強を習慣化するために大事なことその2 目標を明確にする

「毎日勉強頑張る」
じゃとても抽象的すぎますよね。

例えば、
1日30分勉強する。
→毎日?/2日に1回?/3日に1回?等
→科目は?
→ページは?
→いつする?

という具合により明確に決めていきます。
親ができることは上記のように
「じゃぁ、月曜日はどうする?」や、「いつする?お風呂入る前にする?」
と目標がより明確になるように助けてあげるぐらいです。

ここでも、無理そうな目標でも、ゆるゆるの目標でも
何も言わずにお子さんに決めさせてあげましょう。

そして、最後にこの目標通りにやってみて、
来週に振り返ってみるから、
自分で立てた目標がどうやったか教えてね。と付け加えておきます。

勉強を習慣化するために大事なことその3 実行した後に振り返る

実行した後に振り返ることがとても大事です。
自分で決めたのだから、
30分って結構あるなとか、
このページ数しか決めてなかったけど、3分ぐらいで終わってしまった。
もっとできるかも。

この時間にやるって決めてたけど、ご飯の後は眠くなるから全然集中できなかった。
時間変えたほうがいいかな?

というような感想が出てきます。

その感覚を大事にしてもらい、再度改めて自分で目標を決めてもらいます。

この時も親は口出しせずに全てを受け止めます。
自分で考え、実行して初めて分ることもあります。

口出ししたくなる気持ちも本当に分りますが、
もし先生が東大受験生と同じぐらいの時間の勉強をしなさいと言ったらどうでしょう?
流石に、この先生やばいな💦と思いませんか?
自分以外の基準で決められることは、つまりそういうことなんです。

小さいうちから自分のことを自分で決めさせてあげると
決断力がついてきます。
また、うちの子、そういう考えを持っていたのかと新たな一面も見えるかもしれません!!

ぜひ、失敗も成功も暖かい目で見守ってあげてほしいなと思います。

コメント