子どもが勉強しない。勉強をする習慣をつけたいときの方法

ひとりごと
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

 お子さんが勉強する習慣がないとおっしゃる親御さんは非常に多いかなと思います。
 
 そんな悩める親御さんたちに、とっておきの方法をご紹介します!!

スポンサーリンク

結論:親自身も自分の勉強をする。(している所を見せる)

 まずは自分自身のことを振り返ってみましょう。




 勉強することは好きでしたか?

 小学生の頃、毎日勉強はしていましたか?

 中学生の時は、成績は良かったですか?

 高校は超進学校、大学は東京大学でしたか?それともハーバード?



 
 自分に出来ていなかった事を子どもにさせようとしていませんか?



 子どもはちゃんと親のことを見ています。
 「口だけで勉強しなさい」と言ったって、伝わりません。



 子どもに勉強させる一番いい方法は、親も自分の勉強をしてしまうことです。




 隠れて勉強するのではありません。
 子どもに自分が勉強している姿を見せるのです
 それも、適当にではなく真剣に勉強すること。



 
 子どもは自分自身ではありません。他人です。

 他人の行動を変えることはとても難しいですが、
 自分の行動ならすぐに変えることができます。




 親自身が何かと理由をつけて勉強を始めないということは、
 子どももそれをマネします。

 自分自身ができないことは人に言わない。
 



 また、できるのであれば、
 どうやったらいいか教えてあげる、
 一緒にやってあげるぐらいになってあげてください。

コメント